自分を変える習慣力

この本は潜在意識を味方につけながら習慣化を進める画期的な方法が書かれています😊


「なかなか習慣に出来ない」

「何をやっても続けられない」

「何かを習慣にしてみたい」そんな方におすすめの本です!


今回は「習慣の潜在意識の知識」と「習慣にした方がいいこと」について簡単にまとめました💪

🔆習慣の潜在意識の知識🔆

潜在意識=意識していない部分


①習慣の習熟段階には無意識レベルと意識レベルがある。

1,知らない→知っている→できる→やっている

2,無意識→意識→意識→無意識


最初の無意識と最後の無意識は全く別物なんですよね🤔やっちゃってるは習慣はダメってことですね。少しづつでもちゃんとやってる理由を理解して習慣にしていかないと。


②人は分かっちゃいるけど辞められない潜在意識に支配されている。


過食とかお酒とかを辞めるには潜在意識を変えなきゃダメなんですね🤔



③習慣化とは潜在意識の体質改善でもある



 体質改善と聞くとすごくおおごとなイメージがありますが、たしかに染み付いた癖とかなかなか治らないですよね。そのくらい体を変えないと変えられないってことですよね🤔


④潜在意識は「安心安全第一で動く」

→潜在意識は現状維持を続けるために働くから



現状維持がいちばん安全ですもんね…

潜在意識を変えるのは難しいってことですね… 


⑤習慣化とは、意志力を使うよう要素を少なくし、潜在意識によって自動化するということ


潜在意識まで落とし込めればあとは無意識でやってくれるのでここまでこれればクリアですね😁👍

🔆習慣にした方がいいこと9つ🔆

①あらかじめ予定を決めておく

→起きる時間、朝食、着る服など


たしかに予定を予め決めておけば迷う必要が無いので行動しやすいですよね🤔



②自分の時間を最優先に

周りや誘惑に流されない自分を作る。



やっぱり周りに流される人生はつまらないですよね…これも大事ですね🤔


③普段やらないことをやる

→チャレンジ習慣を作る  


やったことないことをやるのは不安もありますが自分が進んでる感覚を味わえるので気分が良くなりますよね😊



④料理をする

→週5回以上料理をする人は食物繊維やビタミンCの摂取量が多くなるため死亡率が減る



料理する人の方が食物繊維とビタミンCの摂取量が増えるのは意外でした😳やっぱり自炊いいですね!



⑤腹八分目で止める

→食後の眠気やだるさがなくなる


たしかにおなかいっぱい食べた時は体が重く感じます🤔



⑥味わって食べる

→セロトニンが多く分泌される


スタンフォード式最高の睡眠にも書いてありましたが、咀嚼をするとセロトニンが出て、夜の睡眠にもいい影響を与えるのでおすすめです😊


⑦早起きする

→朝の1時間は昼の2時間に相当する


同じ1時間でもたしかに朝の時間って貴重な感じがします🤔1秒も無駄にしたくない感じが出て時間を有効活用できる気がします!

 

⑧昼寝をする

脳の処理する情報は8割が視覚情報なので

目を閉じているだけでリラックス効果あり


昼寝はいいと聞きますが、目を閉じるだけでいいって言うのは初耳でした😳寝なくてもいいんですね!


⑨運動する

→有酸素運動中は幸せホルモンであるセロトニンや快楽物質であるドーパミンが多く分泌されるから


運動したあとは気分が良くなるのでこれは実感してます😊

💮終わりに💮



いかがだったでしょうか?

今回は習慣を変えるには潜在意識を変えなきゃダメだということと、習慣化した方がいいことについてまとめました。習慣化出来てしまえば楽なのですが習慣化にするまでが大変そうですね😅でも習慣化出来てしまえばあとは無意識で動いてくれるので、それまで頑張ることができればあとは楽ですね。忍耐ですね😊


もっと詳しく知りたいって人はこの本を手に取って読んでみてください😊

投稿者: masakunblog

皆さんの役に立つ情報を投稿していきます😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。