① 幸せになる具体的な方法がわかる!THE THREE HAPPINESS 解説 樺沢紫苑






🏵幸せの4つの性質🏵



幸福には「意外な4つの性質」があります。

その性質について詳しく解説していきます。



💮①幸せはここにある「BE」の幸福、「DO」の幸福

セロトニン的幸福とオキシトシン的幸福はそこにある幸福です。いわゆる「BE」の幸福です。

生きている幸せ、空が青い幸せ、友人がいる幸せ、パートナーと話せる幸せなど。


ここで重要なのが「BE」の幸福に気づくこと。

BEの幸福は当たり前すぎて気づかない人が多いです。気づくところから始めてみましょう😊



そして「DO」の幸福はドーパミン的幸福、行動や努力による幸福です。何かを行動することで得られるものなので、行動しないのは損です。どんどん新しいことややってみたいことをしていきましょう😊





💮②幸福は「結果」ではない。「プロセス」である


幸せとは今この瞬間の状態であり、プロセスなのです。結果ではありません。なので、今幸せであることが重要なのです。


「小さな達成」つまり「腕立て1回する」だけで、ドーパミンが分泌され、小さな幸せを感じることができます。腕立てを100回やればそれが100回味わえるのです。


幸福は「未来」にはなく、今ここに幸福があるのです。


今していることに目を向けてみてどんな幸せがあるか探してみてください😊




💮③幸せは劣化する。「減る幸福」と「減らない幸福」


多くの人はお金持ちになれると幸せになれると思っています。でも果たしてそれは本当なのでしょうか?実はこれに関してはもう結論は出ています。


「ポジティブ感情」「憂うつでない」「ストレスフリー」の3つの指標から収入と幸福度の相関を調べた実験です。

結果は「800万円までは上がり続けますが、800万円を超えたあたりからほとんど変わらない」という実験結果になりました。


ここで言えるのはある程度の金額までは幸福度は増えますが、それ以上金額が増えても幸せはほとんど増えないということ。



では逆に減りずらい幸福とはどういうものなのでしょうか?

それは「セロトニン的幸福」と「オキシトシン的幸福」です。

「青空が綺麗だ、気持ちがいい」とか

「赤ちゃんを抱っこして可愛い、癒される」

という感情は毎日あっても飽きないので幸せが長続きします。


先程の年収の幸福はドーパミン的幸福によるものです。ドーパミン的幸福は長続きしないので幸せも長続きしません。

どうせなら、セロトニン的幸福とオキシトシン的幸福を常に感じられる行動を取っていきたいですね😊




💮④幸福の掛け算で全ての幸福が手に入る


ドーパミンの幸福は長続きしにくい。

ですが、ドーパミンにセロトニンとオキシトシンをかけ算することによって「いつまでも続く幸福」に変えることができます。


例えば、

誰かと何かをすることによって「オキシトシン×ドーパミン」となり幸福感が増しやすくなります。








いかがだったでしょうか?

「幸福を与える脳内物質」と

「幸福の性質」について解説してきましたが、役に立つ内容はありましたでしょうか😊


ここでのポイントはドーパミン的幸福を求めすぎずに、なるべくオキシトシンやセロトニン的幸福を目指せってことですね😊

そして、今ある幸せに目を向けること。

幸せはすぐそこにあるんだと感じられれば毎日が幸せですもんね!



続いての記事では


「セロトニン的幸福を手に入れる具体的な方法」について解説していきます😊

ぜひ読んで言ってください!

投稿者: masakunblog

皆さんの役に立つ情報を投稿していきます😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。